FC2ブログ

初心に帰ろう!

春季のお彼岸も終わり、まだ寒いところもあったりしますが、桜が咲いてきて春らしい季節になってきました。高槻の私の自坊の枝垂れ桜の木に青々とした緑の葉っぱもついてきました。まだもらってきて1年しかたっていないので花は、咲きませんが将来的に楽しみです。

春といえば、学生ならば、新学期、入学式や卒業式があり、社会人なら新入社員が入社したり、始まりの季節といえると思います。
私も去年、4月の半ばですが、日蓮宗の教師の資格を取るために山梨県にある日蓮宗の総本山である身延山久遠寺で修行を行いました。
そこで修行を終え教師の資格をいただき僧侶といえる存在になりました。

後2か月もしたら私は、教師になって1年経ちます。
そう思うとこの頃私は、僧侶になって何をしたいのかをもう一度考えようと思いました。

修行を終え、自坊に帰ってきて、お檀家さん等から暖かい言葉をたくさん頂けました。
私が自坊を継いでくれるとわかり安心できると言っていただきました。
しかし、こういう暖かい言葉に甘えてしまっているのでは、ないかと思いました。
まだ1年目であり、自坊の行事のやり方やお檀家さんなどのお参りなど覚えることがたくさんあることを言い訳に初心をわすれているのではないかと思いました。

私が僧侶になってやりたいと思ったことは、お檀家さんなどと一人一人向き合い話を聞き、不安を解消できる僧侶になることです。
まだ若輩者であり、そういう不安や心配事を相談されることは、まだありませんが、将来的に相談されたときに解決の一助になりたいです。
このように初心を思い出し、忘れず、実行していきたい!

春は、あらたに何か始めてみるにいい季節だと思いますので皆様も今一度初心を思い返してみては、いかがでしょうか。
やりたいことを思い出せるかもしれません。
新たな発見があるかもしれません。

後世に伝えていくこと

あなたが一番大切にしている事は何ですか。

このような質問を投げかけられた時、皆さんは何と答えますか。

私が大切にしている事は「尊い命をもって世の為人の為に生きること」と答えます。

7年前の今日、東日本大震災が起き多くの尊い命が犠牲に遭いました。私自身も岩手県山田町出身で社会人1年目に被災生活を経験しました。当時を振り返ると色々な想いが蘇ります。

地震が起き間も無くして津波が街を襲いました。犠牲に遭われた方の中には一度は避難したものの家の鍵を掛けるのを忘れたから。貴重品を取りに帰る、等の理由で津波にさらわれたという話を聞きました。

自然災害は人間の想像をはるかに超えます。人間の経験や浅はかな知恵は油断や慢心を生み、本当に大切なものを見失う恐れがあると感じました。

私たちは多くの尊い命の犠牲の上に生かされています。東日本大震災や熊本地震。多くの震災を通じて今一度命の尊さを再認識し、何の為に生きるべきなのかを考える必要があると思います。

東日本大震災より7年、犠牲に遭われた方への追悼の意と共に辛い想いを胸に秘め復興に尽力されている被災地の皆さんへ。私は地元を離れてしまいましたが、与えられた努めと試練をしっかりと受け止め共に逞しく生きていく事を伝えていきたいと思います。
プロフィール

日蓮宗大阪府三島青年会

Author:日蓮宗大阪府三島青年会
大阪府北摂地域(高槻市・茨木市・摂津市・吹田市・箕面市・島本町など)でお寺での修行体験をやっています!
お経の練習のほか、キャンプなどもやります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR