FC2ブログ

引き算の実践

モノだらけの家を、みなさんは見たことがありますか?
私の親族の家が、実はそれなのです。

事情があって、その家の中を片づけることになりました。
同じ高槻市内、通うのも難しくない。1年以内に片づけてしまおう。
そう思っていました。甘かった。

未使用の家具・食器・衣類。そしてゴミ。
ようやく目標の箇所を片づけたと思ったら、奥から未知の収容スペースが出てきて仰天。

私はさすがに家主に提案しました。

「捨てましょう?」
「捨てるもんなんてあらへんで?」

それどころか、欲しいカバンについての相談を持ち掛けられました。



このような考え方を、私は足し算思考と呼んでいます。

あれがあれば安心。これがないとやってられない。〇〇あってこその人生。
これらが足し算思考です。

要するに、どんどんモノやお金、知識や経験を増やそうとします。

「いいことだ」「自分もそうするべきだと思う」と、思われたのではないでしょうか。

私自身、足し算は大好きです。
本は買いこんで積読をしますし、少し前までスケジュールもかなり詰めていました。

ところが、ある日ついに重たくなったのです。
積読本にゲンナリし、限界まで習い事や集まり、仕事に取り組んだ結果、結局何もしない時間が恋しくなりました。
同じ経験を持つ人も、少なくないでしょう。

そのときに重要になるのが、引き算です。
引き算ができれば大切なものが見つかりやすくなり、苦しみは減ります。
引き算ができないと何年経っても片づかない家が誕生します!

ひとつ実験をしましょう。
自分の部屋を眺めてください。
散らかってるなーと思ったら、実験開始。

どこでもいいです。一か所選び、モノを全部移動させましょう。
机なら机、引き出しなら引き出し、捨てなくて結構ですので、そこのモノをすべて視界の外に動かします。
何もないスペースができましたね。
ややスッキリしませんか?

実は人というのは、普段自分がいる場所にあるものを、重要情報として認識します。
例えば読みかけの本があれば、それを重要なものだと判断し、読んでいないと違和感を覚えます。
読めればいいのですが、読めなかった場合不完全燃焼のストレスになります。
これは映画のDVDでも、仕事の書類でも、賞味期限が近い食品でも同様です。

つまり、散らかった部屋で生活している人は、常に何かに駆り立てられているのです。
私の経験上、イライラと部屋の散らかりは概ね一致します。
高齢者の場合、セルフネグレクトも疑われるそうです。
なるべく早いうちに、引き算をするべきでしょう。


これがなくても大丈夫だろう。あれがないほうが自由かも。〇〇しない暮らしをしてみる。
それが、引き算の発想です。

引き算の対象はモノだけではありません。

ブックマーク、習い事、今年やりたいこと一覧表でも同様です。

作ってはいけないのではありません。避けられないこともあります。
ですが、自分の中で旬が過ぎたなら、大切なひとつか二つを残し、残りは捨てるという決断をしましょう。

その方が、限られた時間やお金を有効に使えます。



もっとも、なかなか実践は難しいですよね。

提案があります。
ルールを決めましょう。
簡単なもので大丈夫です。

私が実践していたことを例示しますね。

・ひとつ物を買ったらひとつ捨てる。
・習い事の回数を減らす。
・3週間見なかったページはブックマークから外す。
・年に2、3回、本は棚に収まる数まで減らす。
・書けない、あるいは使っていない筆記具は捨てる。

意外と簡単そうなものもあるのではないでしょうか?
面白くなると、ルールがなくてもできるようになります。

引き算思考の真の狙いは、自分自身にとって本当に大切なものを見極めることです。
大切なものがわかってくれば、今よりも少し楽しい人生を送れると思います。

新しい年度を迎えた今月、新しい自分になりましょう。

私は全財産がカバンひとつという人に憧れていますが、どうなるでしょうね?

4月8日は花まつり!

今年はお彼岸明けから暖かい日が続き早くも3月中に桜が満開になり、小中学校の入学式の頃には既に完全に散ってしまいました。春麗らかな陽気の良いお天気はとても気持ちがいいのですが、花粉症の私にとっては非常に悩ましい季節でもあります。
さて、突然ですが皆さん12月25日のクリスマスはよくご存知かと思いますが、元々の起源はキリストさんの誕生日を祝う行事です。ところで、仏教の開祖であるお釈迦様の誕生日はいつでしょうか?

……答えは、そう今日の4月8日なのです!

お釈迦様のご誕生に関する逸話を簡単にご紹介します。
お釈迦様は今からおよそ2500年前の紀元前5世紀ごろ(正確な生年には諸説あり)、場所はインド平原の北、ヒマラヤ山脈の麓に位置するカピラ城という小さなお城の王様スッドーダナ王(淨飯(じょうぼん)王)とマーヤー夫人(摩耶夫人)の子として生まれました。
摩耶(まや)夫人は天から白い象がおりてきてお腹の中に入る不思議な夢をみて、お釈迦様が宿られました。そしてルンビニーの花園でお生まれになり、すぐに七歩あるいて「天上(てんじょう)天下(てんげ)唯我独尊(ゆいがどくそん)」と仰いました。
この言葉は直訳すれば「天にも地にもただ我ひとり尊い」となりますが決して、この世の中でただ私だけが尊い=私が一番である、という自己中心的な意味ではありません。自分という存在はこの世に一人だけ、だから尊いという人間の尊厳・いのちの大切さを説いたものなのです。残念ながら解散してしまった某グループの代表歌に「世界に一つだけの花」がありますが、その歌詞を引用すれば『小さい花や大きな花 一つとして同じものはないから NO.1にならなくてもいい もともと特別なOnly one』なのです。誕生して間もなくこのことを説かれたお釈迦様、実に深いですね……

このような由来によって、天と地を指さしたお姿の仏像を花で飾り付けした小さな御堂に安置して、甘茶を掛けてお祀りするようになったのが花まつりなのです。(甘茶はお釈迦様がお生まれになった時に龍が喜んで降らせた甘露の雨を表しています)
お寺によっては月遅れで5月に行うところもありますが、皆さんも一度お寺に伺ってみてお釈迦様のお誕生日をお祝いしましょう!
プロフィール

日蓮宗大阪府三島青年会

Author:日蓮宗大阪府三島青年会
大阪府北摂地域(高槻市・茨木市・摂津市・吹田市・箕面市・島本町など)でお寺での修行体験をやっています!
お経の練習のほか、キャンプなどもやります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR