FC2ブログ

「鬼も内?福も内?」

こんにちは。タイトルを見られてはっと気付いた方もおられると思いますが……そう、来る2月3日は節分です!皆さんも豆まきをしたり、恵方巻を丸かぶりしたり馴染みがあると思いますが、今回は節分について少しお話しましょう。
そもそも節分とは節を分けると書きますが、これは二十四節季の立春の前日でいわば大晦日にあたる日で、古くから厄を祓い新たな年の無病息災を願う習慣がありました。日蓮宗の寺院でも、その故事に則り祈祷会(きとうえ)が各地で行われています。

DSC_1126.jpg(本堂での豆まきの様子)

さて、豆まきですが皆さんは「鬼は~外!福は~内!」という掛け声に馴染みがあると思います。豆まきは本来、「豆うち」と言われておりまして「魔」の「芽」を「打つ」という語源から転じて豆をまくようになったという説もあります。古来より人間の様々な災難や厄事=「魔」は鬼が持ってくるという風習があり、「鬼は外!福は内!」という掛け声になったと思われます。

DSCF5595.jpg(鬼子母神・十羅刹女像)

ところが、私がお給仕しております上牧本澄寺では「鬼も~内!福も~内!」という掛け声を用いています。これは日蓮宗のお祀りしている神様の中で鬼子母神さんという方がおられまして、「鬼は外!」でしたら鬼子母神さんを追っ払うことになってしまうのです。鬼子母神さんとは我が子を育てる為に人間の子を喰らってしまう恐ろしい鬼でしたが、お釈迦様の諭しにより改心して仏法の守護神となり、また子供と安産の守り神となった神様です。その鬼子母神さんを外に追いやるなんてもってのほか!豆まきに参加されている幼稚園・保育所の小さいお子さんには、仏教の平等思想にも触れまして「みんなケンカはしないで仲良くしましょう」とお話して「鬼も~内!福も~内!」という声で豆まきを行っています。

DSCF5588.jpg(豆入れ作業の様子)

先日、お檀家さんの女性の会の方々に出仕していただき、節分の豆入れを行いました。全部で豆は50kg!!それを一つずつ手作業で丁寧に入れて行きます。豆まきでおよそ10粒ずつ入った小さいビニール袋を使いますので、拾った後も美味しくいただくことができます。

上牧本澄寺では2月3日節分は年中祈祷会の他、境内での模擬店や14時と16時に本堂内に於きまして子供豆まき大会があります。お子様であればどなた様でもご参加できますので、どうぞお越しください!

億人 拝

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日蓮宗大阪府三島青年会

Author:日蓮宗大阪府三島青年会
大阪府北摂地域(高槻市・茨木市・摂津市・吹田市・箕面市・島本町など)でお寺での修行体験をやっています!
お経の練習のほか、キャンプなどもやります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR