FC2ブログ

引き算の実践

モノだらけの家を、みなさんは見たことがありますか?
私の親族の家が、実はそれなのです。

事情があって、その家の中を片づけることになりました。
同じ高槻市内、通うのも難しくない。1年以内に片づけてしまおう。
そう思っていました。甘かった。

未使用の家具・食器・衣類。そしてゴミ。
ようやく目標の箇所を片づけたと思ったら、奥から未知の収容スペースが出てきて仰天。

私はさすがに家主に提案しました。

「捨てましょう?」
「捨てるもんなんてあらへんで?」

それどころか、欲しいカバンについての相談を持ち掛けられました。



このような考え方を、私は足し算思考と呼んでいます。

あれがあれば安心。これがないとやってられない。〇〇あってこその人生。
これらが足し算思考です。

要するに、どんどんモノやお金、知識や経験を増やそうとします。

「いいことだ」「自分もそうするべきだと思う」と、思われたのではないでしょうか。

私自身、足し算は大好きです。
本は買いこんで積読をしますし、少し前までスケジュールもかなり詰めていました。

ところが、ある日ついに重たくなったのです。
積読本にゲンナリし、限界まで習い事や集まり、仕事に取り組んだ結果、結局何もしない時間が恋しくなりました。
同じ経験を持つ人も、少なくないでしょう。

そのときに重要になるのが、引き算です。
引き算ができれば大切なものが見つかりやすくなり、苦しみは減ります。
引き算ができないと何年経っても片づかない家が誕生します!

ひとつ実験をしましょう。
自分の部屋を眺めてください。
散らかってるなーと思ったら、実験開始。

どこでもいいです。一か所選び、モノを全部移動させましょう。
机なら机、引き出しなら引き出し、捨てなくて結構ですので、そこのモノをすべて視界の外に動かします。
何もないスペースができましたね。
ややスッキリしませんか?

実は人というのは、普段自分がいる場所にあるものを、重要情報として認識します。
例えば読みかけの本があれば、それを重要なものだと判断し、読んでいないと違和感を覚えます。
読めればいいのですが、読めなかった場合不完全燃焼のストレスになります。
これは映画のDVDでも、仕事の書類でも、賞味期限が近い食品でも同様です。

つまり、散らかった部屋で生活している人は、常に何かに駆り立てられているのです。
私の経験上、イライラと部屋の散らかりは概ね一致します。
高齢者の場合、セルフネグレクトも疑われるそうです。
なるべく早いうちに、引き算をするべきでしょう。


これがなくても大丈夫だろう。あれがないほうが自由かも。〇〇しない暮らしをしてみる。
それが、引き算の発想です。

引き算の対象はモノだけではありません。

ブックマーク、習い事、今年やりたいこと一覧表でも同様です。

作ってはいけないのではありません。避けられないこともあります。
ですが、自分の中で旬が過ぎたなら、大切なひとつか二つを残し、残りは捨てるという決断をしましょう。

その方が、限られた時間やお金を有効に使えます。



もっとも、なかなか実践は難しいですよね。

提案があります。
ルールを決めましょう。
簡単なもので大丈夫です。

私が実践していたことを例示しますね。

・ひとつ物を買ったらひとつ捨てる。
・習い事の回数を減らす。
・3週間見なかったページはブックマークから外す。
・年に2、3回、本は棚に収まる数まで減らす。
・書けない、あるいは使っていない筆記具は捨てる。

意外と簡単そうなものもあるのではないでしょうか?
面白くなると、ルールがなくてもできるようになります。

引き算思考の真の狙いは、自分自身にとって本当に大切なものを見極めることです。
大切なものがわかってくれば、今よりも少し楽しい人生を送れると思います。

新しい年度を迎えた今月、新しい自分になりましょう。

私は全財産がカバンひとつという人に憧れていますが、どうなるでしょうね?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日蓮宗大阪府三島青年会

Author:日蓮宗大阪府三島青年会
大阪府北摂地域(高槻市・茨木市・摂津市・吹田市・箕面市・島本町など)でお寺での修行体験をやっています!
お経の練習のほか、キャンプなどもやります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR